保育参観(年長)

 

本日はお忙しい中保育参観にお越しいただきありがとうございます。

保護者の皆様に見てもらえることを子どもたちも、とても喜んでいました

それぞれのクラスの様子をお伝えしたいと思います

 

 

ゆり組

ゆり組では思い出を振り返りながら書いた「ゆりぐみカード」と

お家の方への手紙を前に出て読みました

 

まず最初に、子どもたちと1年間の思い出を振り返りました。

先生の出した、思い出クイズに子どもたちが答えることができて、感動しました

素敵な思い出になっているようで良かったです!

 

思い出を振り返った後は「ゆりぐみかーど」に思い出を平仮名にして書きました。

友達同士で書けない平仮名を教えあう姿も見られ、成長を感じました!

「教えて!」と友達や先生に言えるようになったことも素敵な成長ですね

 

次に子どもたちが事前に書いていた、お家の人への手紙を前に出て読みました

モジモジ恥ずかしそうにしていましたが、しっかりと前に出て読んでいる姿に成長を感じましたね

緊張したけれど、よく頑張りました♡

子どもたちが自分の力で平仮名を書いたり、友達と助け合ったり、「できない」と声に出すことができたり、困っている子どもを見つけることができたり、前に出て発表することができたり、たくさんの「できた」が増え、成長を感じることができました

子どもたちの「できた」をお家でたくさん褒めてあげてくださいね

「ゆりぐみかーど」と「手紙」は明日お持ち帰りします。

 

 

 

 

 

すみれ組

 

すみれ組の最後の参観では、連想ゲームと歌の発表をしました。

連想ゲームとは、○○といったら★★

というように前の人が言った言葉から連想できるものを言っていくゲームです

 

まずは担任から保護者の方々とゲームをしました

子どもたちは保護者の方々の言葉に納得したり、自分でも連想したりしながら聞いてくれていました。

保護者の方々、ありがとうございました

 

さて、子どもたちの番ではただの連想ゲームではなく

桜の紙に言葉を書き繋げていきました

 

4チームに分かれ、担任のはじめの「すみれ」の言葉からスタート!

 

順番にやろう!と番号を決めたチームや、思いつくままどんどん広がっていくチームと

覗きに行くと子どもたちらしい言葉の広がりが、とても面白かったです

 

子どもたちは大きな紙に貼ってなにになるのかな~と少し気になりつつも

思いつく言葉に一生懸命でした

 

少し時間が足りませんでしたが、大きな桜の木を作っていました

また保育で完成させたいと思います。

 

平仮名を書くことにつまづいてしまったお友達には自然と手を差し伸べられる姿、

ゲームを自分たちで楽しむ姿に成長を感じられましたか?

 

最後には歌詞を書いたカードを持って「なかま」の歌を発表しました。

この曲は私の大好きな曲なのですが、年長さんになると歌詞の意味も分かるようになり

「なかまってすみれ組のことだよね

「だいだいだいだいだいすきさー!っていいよね

と子どもたちも気に入ってくれた曲でした。

 

より歌詞が伝わるように歌詞を分けて一人ずつカードも作りました。

カードを上げるタイミングを待つ姿が私的かわいいポイントだったのですが

いかがでしたか?

 

 

 

 

今回の参観では見せる保育ではなく、普段の保育を意識しました。

日々、子どもたち同士で話して悩んで決めて楽しんでいる様子が本日の参観で伝わったなら嬉しく思います

年長さんの行事は残すところ卒園式だけになってしまいました。

残り少ない日々を大切に最後まで楽しく過ごしていきたいと思います

 

本日はありがとうございました。