味噌汁の日(#^.^#)

今日はお味噌汁の日でした。

大根と油揚げを切ったり、お味噌を溶かして準備をしてくれた先生たち。

子どもたちのおいしい顔と「ありがとう」の言葉、届いたかなぁ

給食の時間も、お味噌汁があると食の進みが違います。

みんな「おいしいね」、とか、具をすくって「これは何?お豆腐みたいだね」、「こんな大きいの!」、「こんな形!」など、油揚げのふかふかした感触を例えたり、大根の大きさでワクワクしながら楽しく食べられていた様子でした

お箸を使ったり、スプーン、フォークを使ったりは各自の判断で決めていますが、給食が始まった頃よりも上手になりました。

『お椀を持って飲食する』というマナーは日本特有のものですから、味噌汁の日にはそれも伝え、大切にしていきたいです。

片付けの時には、袋に溜まる残飯を見て、「すごいいっぱい」「もったいない!」と声が。

おかわりする時には、残さないようにきちんと自分で量を言うことも大切だと気付いたようでした。

食べ終わった後は、みんな、満足そうな笑顔でした