共同募金

お帰りの前の時間、園長先生が募金箱を持ってお部屋を回ってくれました。

こどもたちは、クラスの先生からお話を聞き、それぞれ『共同募金』の意味を理解したようです。

自分の名札の裏から大事そうにお金を取り出し、募金箱に入れていました。

お金が入る“チャリン”という音がすると、こどもたちは募金をしたことを誇りに思っているような表情でした。

募金箱の中をじーっと覗いたり、どれくらいたまっているか気になっている子もいました

クラスの募金をしたおともだちは、担任の先生に赤い羽根を付けてもらいました。

バスや歩きの名札についています

募金をしたお金は、園長先生がお届けしてくれるそうです。楽しみですね