遠足ごっこ\(^o^)/(年長)

年長さんは近隣公園に行く前にアイスをペロリ

暑かったので、みんな喜んでいました!

 

さぁ、公園に向かって出発です。

さすが年長さん。手を繋いで歩く姿も、さまになってますね

てくてく歩いて公園に到着。

せっかくおうちの方が作ってくれたお弁当。悪くならないようにかばんは日陰に置きます。

 

リレーをしたり、トンボをつかまえようと走り回ったりして過ごしました。

まだ夏のような陽気ですが、暦の上ではとっくに秋。

トンボがたくさん飛んでいて、カラー帽子で捕まえようとする子、指をくるくる回す子、

「どうやって捕まえるの?」

と聞いてくる子、色々な好奇心のアンテナがビリビリ張っていました

お弁当は、少し歩いて遊具のあるエリアで食べました。

おうちの方の愛情いっぱいのお弁当、大好きな仲間と先生と一緒に食べると、美味しさも倍増です

木陰でいい風も吹き、場所は最高でした。

「バスの中から見ている人がいたよ

きっとみんなのことが羨ましかったのかな?

木を見上げていた子どもが、

「先生!カラスの巣があるよ!」

と教えてくれ、みんなで

「どこ?どこ?」

こんな発見も、楽しい思い出です。大人が特別な何かを与えなくても、子どもたちは自ら、発見して学び、吸収する力を持っています。

帰り道。

楽しかった思い出を胸に幼稚園を目指します。

そう、彼らは知らない。あの、サプライズのことを・・・

水色廊下に入ってきた年長さん、なんか変だなぁ・・・と異変に気が付きます。

年中少さんが水族館を作ってくれたことを知って、大喜び!!

廊下をなんども行ったり来たりしながら、本物の水族館のように楽しんでくれていました!

年中少のお部屋に来て、「ありがとう」も言ってくれた年長さん。

思い出に残ってくれたら嬉しいね